夏バテの原因って何?予防はできるの?もしなってしまった時の解消法は?

公開日:  最終更新日:2016/07/21

082244

またこの時期がやってまいりました。。。

夏バテに悩まされる人にとって、辛い時期となってきました。

私もその一人で、毎年夏バテに悩まされています。

夏バテをすると全く食欲が出ず、体は常にだるい状態

そして疲れも全く取れません

夏バテをする度にいろんな事を試して来ましたがほとんど効果は得られず・・・

そこで今回は夏バテの原因夏バテにならない為の予防方法

そして夏バテになってしまった場合の解消方法をお伝えして

いきたいと思います。


夏バテの原因って何?

004050
夏バテの症状はひとそれぞれですが、その原因も人によって異なります

そもそも夏バテの原因とは何なんでしょうか。

まず1つ目は高温多湿による体の異常があげられます。

人の体は高温多湿の状態の時に体温を一定に保とうとして

かなりのエネルギーを使ってしまいます。

ですので高温多湿というだけで体にかなりの負担が

かかっているのです。

高温多湿が続くと、汗の出口あたりが詰まってしまい、

体にたまった熱を外に出すことが出来なくなってしまいます

それで体温調節が上手くできなくなってしまうのです。

逆に暑い所に長くいると、汗が出すぎて体の水分が足りず

夏バテを引き起こしてしまいます。

2つ目に温度差による自律神経の乱れがあげられます。

今では室内には当たり前の冷房ですが、この冷房も原因の一つとなっています。

冷房のきいた部屋に長くいると体がストレスを感じてしまい、

その影響で自律神経がうまく働かなくなってしまいます

そして冷房のもう一つの難点はかなり暑い野外から冷房のきいた

室内に戻る時、そして冷房のきいた室内からから暑い野外へ

出かける時などの急激な温度差が体にとって大きな負担となり

かなりの体力を消耗してしまいます。

このような繰り返しが夏バテを引き起こす原因となるのです。

3つ目に睡眠不足があげられます。

夏は日中だけではなく夜も気温が高いので、「なかなか寝付けない」

「眠りが浅い」などで睡眠不足になり、1日の疲労が回復されないまま、

また次の日が来るというように、どんどん疲れが溜まってしまい

夏バテを引き起こしてしまうのです。

このような原因で食欲不振、だるさ、イライラ、下痢、頭痛、思考力低下、

極度の疲労感、無気力などいわゆる夏バテの症状が出てきてしまう訳です。


夏バテって予防はできるの?

221735

夏バテにならない為にも予防は大切です。

まず体に負担をかけない為にも室内と外気のの温度差を5℃以内

してください。

それを超えてしまうと、体にかなりの負担がかかってしまいます

温度調整が不可能な場合は一枚上に羽織るなどして工夫しましょう。

エアコンなどの風が直接あたっている場合は直接あたらないように

風向きを調整してください。

次に栄養補給も必要です。

なるべく栄養価の高い物を食べましょう。

例えば、たまご、にんにく、豆類、レバー、豚肉、うなぎなどです。

ビタミンやタンパク質が不足すると夏バテの原因となりますので、

ビタミンやタンパク質を意識した食品をバランスよく摂るように

心がけてください。

それと水分補給も忘れないで下さいね。

夏場は特に水分補給が重要となってきます。

冷たい飲み物を飲みたい所ですが、体を一気に冷やしてしまう為、

体にとても負担がかかってしまいます

ですのてできるだけ温かい飲み物を飲むようにしてください。

水分補給は大事ですが、ただ水分補給をすれば良いという訳ではなく、

甘い飲み物、冷たい飲み物は多くとりすぎないようにしましょう。

甘い飲み物をとりすぎると、糖分により空腹を感じず、

スポンサードリンク

食事をしなかったりすることもあり、栄養補給がうまくできなくなります。

冷たい飲み物をとりすぎると、弱った胃腸に余計負担をかけてしまい、

食欲不振に陥ってしまいます。

最後に十分な休養をとりましょう。

寝苦しい時はアイスノンなどを上手く使ってみて下さい。

なかなか難しいとは思いますが、その日の疲れはその日のうちに

とってしまうのが一番理想です。

体を休める時間を少しでも長く取れるように、

いつもより少し早目の就寝を心がけてみてください

疲れを溜めないことが一番です。

寝る30分くらい前に40度以下のお風呂にゆっくりつかると、

リラックスした状態で眠る事が出来るのでオススメです。


夏バテになってしまった時の解消法は?

080710

もし夏バテになってしまった場合の解消法をいくつかご紹介します。


◆食事編◆

夏バテになってしまった場合、まずは体に足りない栄養

補給する必要があります。

なるべく栄養価の高い食品をとるようにしましょう。

夏場は基礎代謝が高まり、タンパク質を多く消耗してしまいます。

ですのでタンパク質が多く含まれている食品をとるようにしてください。

例えば、肉類、魚介類、卵、豆類、牛乳などがあります。

あとはエネルギーの代謝に必要ビタミンB1はかかせません!

疲れた時にとても効果的です。

ビタミンB1が不足すると疲労が残ってしまったりします。

ビタミンB1を含む食品は豚肉、豆腐、鮭などがあります。

疲れたときはビタミンB1を取り入れる事をもれずに!

疲労回復にはかんきつ類がオススメです、

例えばみかん、レモン、グレープフルーツなど

かんきつ類を意識して摂るようにして下さい。

栄養価の高い食事をすると言っても食欲不振になってしまった方は

なかなか食べる気が沸かないと思いますので、まずは少しずつ

食事をとれるようにしていきましょう。

食欲増進効果のある辛い物、そして酸味のある物を食べるように

してみて下さい。

例えば、カレー、キムチ、梅干し、酢の物などです。

あとは喉越しがよく食べやすいとろろや水分が多いメニューも

良いかもしれません。

食欲がない時は食べ物がたくさん並んでいると、

余計食べる気がなくなってしまいます。

ですので、できるだけお皿の量が少なくてすむ(冷やし中華など)

メニューにしてみて下さい。

食事の内容も大事ですが、これだったら食べられるかも!と思えるように

見た目なども工夫してみると良いかもしれません。



◆サプリメント◆
栄養価の高いものを摂取すると言っても、食事だけで必要な栄養を

補給するのはなかなか難しいものです。

食事だけで改善されないという場合は必要な栄養が足りていない

場合もありますので市販のサプリメントなどを試して見るのも

良いと思います。

今はいろいろな種類がお店に並んでいますので、どれを選べは良いか

迷うかもしれませんが、まずは疲労回復に効果的な

ビタミンB1、B6、B12を試してみて下さい。


◆病院へ行く◆

夏バテの症状が重い場合や、長く続く時は

早目に医療機関を受診しましょう。

このような場合にはただの夏バテだと思っていても

重い疾患が隠れている場合があります

体が悲鳴をあげている状態です!!

夏バテで体力を消耗し、食欲不振、疲労、不眠などの

影に隠れていた疾患が進行、悪化する危険

あるのです。

医療機関では夏バテなのか、他の病気にかかっているのかを

検査してくれ、その検査によって本当に夏バテだけなのか、

他の病気にかかっているのかを診断してくれます。

夏バテと診断された場合、その人の症状に合わせて治療も

行ってくれるのであまりにもヒドイ場合にはきちんと見てもらった方が安心です。


まとめ

081374
どうでしたか?

夏バテの症状や重さも人それぞれですが、

どちらにしても夏バテは私達にとってかなり辛いものだと言えます。

夏バテの原因は気候の変化なども関係していますが、食事だったり

睡眠だったりと、ほとんど毎日の生活習慣に関わっているのではないでしょうか

夏バテになりやすい人は一度生活習慣を見直してみる

良いかもしれません。

生活習慣が大きなカギとなるでしょう。

今年こそは夏バテにならない為にもしっかり予防をし

もし夏バテになってしまった場合にも早目のケアを心がけましょう

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑