赤ちゃんのカンジタ性皮膚炎おむつかぶれとの違いは?原因と治療方法は?

公開日:  最終更新日:2016/07/21

9bc4018f64a4d8a3a23f06a698ee05ab_l

夏などの蒸れやすい時期に多い赤ちゃんのカンジタ性皮膚炎。

うちの子もつい最近なったばかり。

最初はおむつかぶれだと思っていて、普通におむつかぶれの薬を

塗っていました。

しばらく良かったように思えたんですが・・・

ある日突然赤いブツブツが広範囲に渡って広がっていました。

ビックリして皮膚科に連れて行くとなんとカンジタ性皮膚炎

と言われたのです。

ちょっとの油断がこんなことになるなんて・・・

このカンジタ性皮膚炎。

症状は普通のおむつかぶれと似ている為間違えやすく、

間違った治療方法をするとかえって症状を悪化させて

しまうこともありますので、注意が必要です。

そこで今回はカンジタ性皮膚炎とおむつかぶれの違いと、

カンジタ性皮膚炎の原因治療方法をお伝えしていきたいと

思います。


赤ちゃんのカンジタ性皮膚炎とおむつかぶれの違い

af8abca805b4b5c9b3f4ce0113ee7460_l

おむつかぶれ?

と思っておむつかぶれの薬を塗ったりしていませんか?

カンジタ性皮膚炎とおむつかぶれは症状が似ており

間違えがちです。

カンジタ性皮膚炎の場合、間違えた治療法をすると返って症状を

悪化させてしまいますので、注意が必要です。

ではカンジタ性皮膚炎とおむつかぶれではどのような

違いがあるのでしょうか。

いくつか見分けるポイントがありますので、一緒に見て行きましょう。

おむつかぶれは、おむつが接触している部分のみが赤くなるのに対し、

カンジタ性皮膚炎はおむつに接触してない部分まで赤くなり

カサカサして皮がむけてきたり、皮膚が軟化してびらん状に

なることもあります。

また、皮膚のシワの中にまで赤くブツブツができます。

そしてそのままにしておくと、赤いブツブツがどんどん

広がっていってしまいます。

次に治るまでの期間ですが、おむつかぶれの場合、

水洗いをし、しっかり乾燥し、ワセリンや病院から処方された

おむつかぶれ用のステロイド系の薬を塗れば2~3日くらいで

改善にするのに対し、カンジタ性皮膚炎は改善されるまでに

1~3週間程かかり、なおかつステロイド剤を使用すると

逆に症状を悪化させてしまいます。

赤ちゃんのカンジタ性皮膚炎の原因は?

7138d083a23a32bbb98589cf93cb6bca_l

スポンサードリンク

便の中にいるカンジタ菌が赤ちゃんのお尻の皮膚や

粘膜につき、増殖し炎症をおこしたのが原因です。

下痢の後などになりやすいようです。

カンジタ菌はカビの一種で、もともと人間の体に存在している

菌なので、普通は悪さをしないんですが、免疫力が

低下した時などに増殖してしまいます。

カンジタ菌は不衛生、高温多湿などを好みます。

なので、特に今の時期はおむつの中は高温多湿となり、

菌が増殖しやすい状態となっています。


赤ちゃんのカンジタ性皮膚炎の治療方法は?

f60dd0989dedd3056b7357114879ca63_l

病院では・・・

カンジタ性皮膚炎の場合はおむつかぶれの薬ではかえって

悪化させてしまうので、医療機関を受診されて下さい。

感染しているかしていないか、皮膚を採取し顕微鏡検査をします。

結果もその場で分かり、カンジタ菌が発見された場合は、

抗真菌剤のぬり薬を処方されますので、炎症部分に

そのお薬を塗るようにして下さい。

薬はたくさん塗れば良いというものでもありません。

薬を塗る前には必ずぬるま湯などで洗い流したりして、

清潔な状態にしてからやさしく塗るようにして下さい。

家では・・・

医療機関で処方された薬を塗るだけではなく、治るまで

お家でも気をつけて頂きたいことがいくつかあります。

まず、こまめにオムツを変えてあげましょう

こまめに変えてあげないと不衛生ですし、オムツの中も

蒸れてしまいます。

特にうんちの時はそのままにしておくと、炎症を悪化

させてしまうので、すぐに変えてあげて下さい。

次に、炎症がある間はおしり拭きは使用しないで下さい。

おしり拭きを使うと炎症部分を摩擦してしまい、

かえって刺激してしまいますので、おしりや股などは

洗い流してあげて下さい。

そして洗った後は皮膚を十分乾燥させるようにしましょう。


まとめ

ca04a31470f09905126307f610ce3cea_l

どうでしたか?

カンジタ性皮膚炎は赤く腫れたようになりますので、

見ているだけでも痛々しく、症状が悪化してしまうと

とても可愛そうです。

とくに赤ちゃんはまだ自分の事をうまく伝えられないので、

お母さんが注意してあげなくてはいけません。

おむつかぶれだと思って対処していてもなかなか治らない場合は

カンジタ性皮膚炎の可能性があります

そしてちょっと油断するとすぐ広がってしまいます。

ヒドくなってからでは治りも遅くなってしまいますので、

少しでもおかしいなと感じたら、早目に医療機関を

受診して下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑