喪中の場合の七五三のお祝いはどうする?写真撮影は?神社へのお参りは?

公開日:  最終更新日:2016/07/21

310418

七五三は子供の健やかな成長を願って、神社へお参りに行ったり、

写真撮影をしたりして家族でお祝いする行事です。

ですが、もし七五三のお祝いの前や前撮りなどの写真撮影の前に

身内に不幸があった場合はどうしたら良いのでしょうか?

そこで今回は喪中の場合の七五三のお祝いや写真撮影

神社へのお参りはどうしたら良いのかをお伝えしていきたいと

思います。



スポンサードリンク

喪中の場合の七五三のお祝いはどうする?

312051

喪中の場合、七五三のお祝いをするのは非常識なのではないか。

と思われる方も多いのではないでしょうか。

ですが、四十九日を過ぎた喪中であれば七五三のお祝いをしても

OKなのです。

ただ、喪中の場合のお祝いはOKでも、忌中の場合の亡くなってから

納骨までの四十九日の期間はNGです。

忌中の場合、お祝い事は控えるべきというのが一般的です。

忌中の場合は日にちをずらしたりするなどした方が良いでしょう。


喪中の場合の七五三の写真撮影は?

313413

既に写真スタジオなどに前もって予約などの準備をされている

ご家庭も多いと思います。

喪中の場合の七五三の写真撮影はしても良いのでしょうか?

喪中の場合も、もちろん写真撮影OKです。

亡くなられた方も可愛い姿を見ることが出来、きっと喜ばれる

と思います。

そして七五三のお祝いの場合にNGだった忌中の場合でも

七五三の写真撮影はするというご家庭は多いようです。

特に七五三の前後は写真スタジオも混雑し、一旦キャンセル

すると、次の予約がとりにくい状態となってしまいますからね。

ただ、喪中、忌中どちらに関しましても、亡くなられた方との関係

が深い場合は特に、それどころではない。今はそのような気分には

なれない。

という方もいらっしゃると思います。

そして、祖父母など、どちらか一方でも反対している方がいるので

スポンサードリンク

あれば、無理矢理しない方が良いかもしれません。

そような場合には少し落ち着いてからするなど、先延ばしにされるのも

良いのではないかと思います

それぞれのご家庭でいろいろな意見があるかと思いますので、

どうするかはご家族でじっくり話し合われてみて下さい。

七五三の写真は一生の思い出に残ります。

みんなが心からの笑顔で撮影できるようにしたいものです。


喪中の場合の七五三神社へのお参りは?

488295

喪中の場合の七五三のお祝い、写真撮影はOKでしたが、

神社へのお参りはどうなんでしょうか?

喪中の場合、鳥居をくぐってはいけないのでは?

さすがに神社は非常識なのでは?

と思われる方もいらっしゃると思いますが、やはり、喪中の場合の

七五三の神社へのお参りもOKなんです。

神社へ問い合わせた所、四十九日を過ぎて喪中であればOKという事でした。

ただ、忌中の場合はやはりNGなようです。

忌中の場合、神道では死とのかかわりを避けますので、神社への

参拝は避けましょう。

鳥居をくぐらなければ良いのではないか?

と思っている方も中にはいらっしゃるかと思いますが、

鳥居をくぐらない=神社自体への出入りがNGということです。

もちろん忌中を過ぎ、喪中になれば大丈夫ですので、少し日にちが

ズレたりもするかもしれませんが、喪中になってから改めて神社への

お参りをするようにして下さい。


まとめ

315396

どうでしたか?

今回は一般的なお話をしてきました。

喪中の場合、七五三のお祝いも写真撮影も神社へのお参りも大丈夫です。

忌中の場合は写真撮影はOKですが、お祝い、神社へのお参りはNGです。

七五三は子供にとって特別な一日ですし、せっかくのお祝いです。

一生に一度のイベントなのでいろいろ悩むとは思いますが、子供の事、

ご家族の事をよく考えられ、みなさんでよく相談されてから、今するか、

先延ばしにするかを決められて下さいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑